代々のキャノンのプリンター買い替え理由

現在利用しているキャノンのプリンターiP2700 は4代目ですが、実はこれ、1年に1度年賀状を出す時にぐらいしか、ほとんど利用していません。

理由はというと単にUSBの接続穴がすでに一杯で、利用するとなると何かを外して、もうプリンターコードをさし返して、電源をつけて…と面倒なのが理由です。

欲しい情報はスマフォや携帯に飛ばせばいい現在、さほどそれ以外に使うことはありません。

なのに何故そんなに買い換えているかと言うと…ひとえにインク代が高いからにつきます。

年に一度しか利用しないので、翌年度にはほとんどiP2700 インクが乾燥してしまっており、利用できず、じゃあインクを買おうかと調べてると…本体の安売りを買ったほうが安いと言う理由です。(ずっとキャノンなのは、使い慣れているから)

詰め替えと言うのも試してみたのですが、ダメでした。

エコではないと思いますが、…金額的にどうしても、この方法をやめられません。