プリンターは直すよりも買う方がいい?

一時期、プリンターのインク代を節約したいと、プリンター純正品ではないインクを使っていました。インク自体の性能に変わりはないと思うのですが、しかし純正品ではないプリンターインクを使いますと、最終的にはインク詰まりを起こしてしまったりするのですよね。

私は数年前にキャノンのプリンターを使っていたのですが、見事にインク詰まりを起こしてしまったのですよね。インクが詰まってしまっていて、そして自分ではどうにも修理することはできませんでした。

その時点で、キャノンプリンターの保証期間1年が過ぎていた時ですし、修理に出すことは泣く泣く諦めたものです。なぜなら、キャノンプリンターの修理センターに出したのならば、修理代が高いと感じましたから。それに送料だって送る方に関しては自分持ちになりますからね。

そこで、「それならば新品をもう一台買った方がいい!」と考えたのです。今の時代はキャノンプリンターにしましても、価格が安くなっていますからね。直すよりも買い直した方が安かったりするものですから。